最新情報

9月 1, 2015
エッチなこだわり
もしアナタが女性ならごっくんしてあげよう
交際している女性がいる場合にやってもらいたいのが、ごっくんです。これは精液を飲む事なのですが、これが出来ないと・・・
8月 30, 2015
エッチなこだわり
野外プレイの概要と外で行う際の注意点
野外プレイは基本的に室外で男女の2人がエッチなプレイを行います。エッチの遊びの中では原始的な特徴を持っていて、・・・
8月 28, 2015
私のHな体験
ローションプレイを安全に遊ぶためのコツ
ローションプレイをするときに、そのまま原液を大量に身体にかけて遊ぶ人がいますが、個人の趣向によるところでもあり・・・
8月 21, 2015
無料動画入手方法
エロ画像の履歴で子供の成長を感じる
何か目当てのアダルト画像を探したいと思った時、意外と難しいのがその検索方法です。いわゆるエロ画像検索のコツです・・・
8月 10, 2015
私のHな体験
女体を至近距離で見るならストリップ
女の人の体をまじまじと見る機会は長い人生でそうそう無いと思います。セックスの時とかでも体自体は密着していますか・・・

もしアナタが女性ならごっくんしてあげよう

交際している女性がいる場合にやってもらいたいのが、ごっくんです。これは精液を飲む事なのですが、これが出来ないという女子がかなりいるのだそうです。せっかく彼氏がアナタのために出してくれた物なのだから全て飲んであげれば良いのにと思うのですが、どういう訳かそうはならない様です。

そこに至るまでには当然ながらフェラチオをしているはずです。つまり、陰茎を口の中に入れる事自体には抵抗を感じていないのです。そこまでやるのならば、その先も出来そうな気がするのですが、なぜこんな事になるのでしょうか。非常に疑問に思います。

これでは彼氏からの信頼を勝ち取る事が出来なくなってしまいます。もう別れるつもりだから、どうでもいいと考えているのならそれで構いませんが、もしこれから関係を続けたいと思っているのならいけません。絶対に精液を飲みこむように心がけましょう。そうしなければ、彼の愛を得ることはできないはずです。

飲む時に気をつけるべきは、相手にその瞬間を認識してもらう事です。ただ単に飲んだだけでは相手が気が付かない事が多いのです。しっかりとアピールしなくては意味がありません。そのためにやるべきは頷く事です。精液が丁度喉元を通過するというタイミングで、ちょっとわざとらしい位に頷く様にしましょう。こうすると男性は確実に飲んでくれたと思ってくれるのです。

今の所、ごっくんする人としない人で大きく別れるのですが、これはする側の人にとっては非常に有利な状況だと言えます。他の女性がしない事をしてあげるというのは男性にとって、とても嬉しい事なのです。やる事自体はとても簡単なのだから、これからは考え方を改めて実行するようにしてください。

『ごっくん』という言い方が気に入らないという女性もいるはずです。その時は別の言葉を使っても一向に構いません。例えば精飲と言う女性達もいますし、それも嫌ならば、あえて言葉にしなくてもいいのです。

野外プレイの概要と外で行う際の注意点

野外プレイは基本的に室外で男女の2人がエッチなプレイを行います。エッチの遊びの中では原始的な特徴を持っていて、昔の人が野外プレイをする事は当然でした。普段は室内で行う事が多いので、現代人の男女にとっては不思議な気分を味わいます。
現在では公序良俗の観点で、当然ながらどこでも行えるはずがありません。人目の少ない場所などを選んで、絶対に他人から見られないように密かに裸になって遊びます。
野外プレイの行い方として、人目の少ない山々や田舎などで男女が裸になって、お互いに体を触りながら気持ち良いプレイを行います。室外という事で、道路や土があって寝そべった場合は体の全体が汚れる事が当たり前です。横になりながらプレイをする場合は、ブルーシートや汚れても良い布団や敷物などを事前に用意しておくと良いです。
遊ぶ場所を選ぶ際に気をつける事は、人があまり寄らない所を見つける事が基本です。田舎の地方などには人や自動車がほとんど通らない場所も多く、室外で遊ぶのに適している場所と言えます。夜間でも室外で遊ぶ事は可能ですが、あまりにも辺りが暗いと恐怖を感じる事が多いです。夜間で遊ぶ場合は、少し明るめの明かりがある場所を選んだり、人の見つからない所を選ぶ必要がありますので、意外にも遊ぶ場所を見つけるのに苦労する事が多いです。
基本的にお互いに外で裸になって遊ぶ事から、気温や天候には十分に気をつけます。冬場は体が冷えて風邪を引きやすい環境なので、出来るだけ夏場の昼間などで楽しく遊んだ方が良いです。遊ぶ時期に適当な季節は、春から秋口に掛けての時期です。雨が降っている場合、濡れた時の対策として体を拭くためのタオルなどを用意しておくと良いです。
野外プレイをする相手に関して、見つけ方としては自分の彼女を誘うのが良いです。彼女がいない場合は、出会い系のサイトなどを使用して、掲示板などを活用して誘いながら、遊んでくれる相手を見つけると良いです。

ローションプレイを安全に遊ぶためのコツ

ローションプレイをするときに、そのまま原液を大量に身体にかけて遊ぶ人がいますが、個人の趣向によるところでもありますが、できればお湯で溶いて使うとエコな使い方ができるのでおすすめです。
ローションプレイをするのにローションを原液のまま使うと、とにかくすぐに量がなくなってしまうからです。
ローションプレイをするために使うローション代もバカになりません。
洗面器にローションを入れてお湯を適宜入れて溶いて使えば、いい具合に仕上がるので、ホテルのマットでもローションプレイを長時間にわたって堪能できるようになります。

ローションを使った遊びは、マットの場合、かなり滑るのでお風呂でやるときは、滑って転ばないように注意が必要です。相当に滑るので、転ぶかもしれないという前提のもとで対応すれば、安全に遊ぶことができる気持ちの良いプレイになるからです。

ローションで遊んだ後の流し方は、手のひらにくぼみを作って、トントンと叩くようにシャワーを浴びながら、流せば、比較的簡単に流れ落ちます。ローションはなかなか落ちない特徴がありますが、この流し方をすれば、割と簡単に流れ落ちるので、仕上げに無香のボディーソープで洗い流すと完璧です。
この洗い方は、既婚者の方におすすめですよ。ローションを流しきれずに帰宅したときほど、リスクのある話はないわけですから。

上手に遊べば、最後のプレイに向けての期待感を高めさせてくれるプレイにもなるだけに、転ばないようにプレイして、綺麗に流せば問題ありません。
お風呂のマットでやるときは、とにかく滑るので、相手の身体にこすりつけて上下に動いているうちに、マット近くにある水道に頭をぶつけてしまうこともあるので、周りの状況にうまく配慮し、考慮しながらプレイするように心がければ、気持ちよくもあり楽しくもあり安全に遊べるプレイとして、楽しめることができるでしょう。

ローションそのものには香りがついておらず、無香のものが多いので、身体に匂いがつく心配もありません。

エロ画像の履歴で子供の成長を感じる

何か目当てのアダルト画像を探したいと思った時、意外と難しいのがその検索方法です。いわゆるエロ画像検索のコツですが、直接的なワードでは不思議と望んだ結果が得られない傾向があります。例えばナース、エロで検索してみても目的の物は出てこないものなのです。で、その対策なのですがダブルクォーテーションでワードを囲むようにしてください。これは入力した文字列と完全に一致するものしか結果に表示されないというやり方です。知っている人にとっては今さら感があるかと思うのですが、今でも知らない人が多いようですので今度グーグル等で試してみて下さい。

さて、エロ画像検索に関連して面白いのは子供達のPCの履歴でしょうか。これは削除の方法を知らないと丸ごと残ってしまうんですよね。それで後になって両親や兄弟が確認するという訳です。相当恥ずかしいなぁと思ってしまいますが、何事もプラスに考える事が大切ではないでしょうか。例えばこれを上手く利用すれば自分の子供が同性愛者なのか否かも分かるはずです。とりあえず女性のエロ画像検索をしているのなら、その点は安心できるはずです。

親、特に母親はこのような事実を目の当たりにするとショックで愕然としてしまう事もあるそうです。でも、男の子ならば女性の体に関心を持つのはおかしな事では無く正常な事なのです。こんなものを見ているのかと怒らずに、陰から見守るくらいの感じでいると良いでしょう。

場合によっては、子の美的感覚の鋭さに驚くなんて例もあるそうです。エロは一括りで評価されやすい物ですが、それぞれに違いがあります。その中で美的センスというものも磨かれて行くのだと思います。あまりに理想が高くなり過ぎると実生活で困りかねませんが、適度であれば女性を見極める力を高める意味でも好ましい事です。やがてはそれらの女性にも負けない魅力を持った人と交際をする。こうなれば子の幸せになるのですから、行いを否定してはならないのです。勿論画像でなく動画でも同じです。さすがに有料アダルト動画比較サイト【mo5e厳選2015版】のような有料サイトを見てたら注意すればいいんじゃないですかね。ダイヤルQ2で痛い目を見ていた過去の自分を重ねてしまいそうですが(笑)

女体を至近距離で見るならストリップ

女の人の体をまじまじと見る機会は長い人生でそうそう無いと思います。セックスの時とかでも体自体は密着していますから、部分にはあまり注目していないはずです。ただ、それだとせっかくの女体がもったいないと思うのです。せっかくこの世に男性として生まれてきたのですから、異性である女性の体を堪能してはどうでしょうか。

ただ、現実には中々女性の体をじっくり見る場所が無いはずです。芸術大学や専門学校などではヌードモデルのデッサンというのがありますから、見る事もあるでしょうが、それ以外ですとまず無いはずです。

そんな人のために用意されたという訳ではありませんが、女体を見れる場所としてストリップ劇場が挙げられます。今は随分数を減らしてしまっているのですが、完全に無くなった訳ではありません。もし自宅の近くにあるというのなら是非とも見に行ってください。というのは閉鎖が相次いでいますから、いつまで見れるかも分からないんですね。ある意味で期間限定なので見逃さないようにしましょう。

ストリップだけにしか出演しない女性もいれば、AVと兼業している例もあります。この頃は元々AV女優だった人が、この業界に憧れてチャレンジするという例が増えて来ている様な気がします。この辺りは時代を感じさせますね。昔は憧れでは無くて、お金を稼ぐ手段の一つという感じだったのです。

劇場の数が減ってきていると先程述べましたが、その流れも若干緩やかになっているようです。数が少なくなればお客さんも残された店に集中するので採算も取りやすくなってきたと言えます。人気AV女優目当てで訪れる新規客も増えているので、当面の経営は安泰ではないかと思われます。

ストリップの客層は年配の男性が多いのですが、この所は物珍しさからか若い女性も増えてきています。やがてはその女性も舞台の上に…なんて事を私の様なオジサンは思ってしまいます。実際、そういう事もあるみたいですけどね。

また先程AVと兼業と書きましたがもしかしたら《無修正》美少女だけのエロ動画みたいなネットのエロ動画出演者がストリップ劇場に出演するかもしれませんね。そんな事も考えると面白ですね。

大胆で面白いローションプレイが惹きつける

ローションプレイもかなり追及すると凄いことになるなと思うアダルトビデオがあります。女性をうつ伏せにしては大きなマシーンに手足を縛り、動けなくしています。そして、女性の陰部を男優がまさぐり、濡らすのです。

気持ち良くなっているAV女優の頭の上から黄緑色のローションのような液体をトロトロと落としては顔から全身を濡らしていきます。ベトベトになった顔と体はまるで生まれたての赤子のようです。

身動きができないので、その女性はなすがままです。最後は男性にそのままの状態で穴の中にイチモツを入れられてはしごかれます。何とも面白いアダルトビデオを作るものだなと見る人を驚かすビデオなのです。

他にも、お風呂場でマットを敷き、女性が座りながら立っている男性のイチモツをフェラチオをしていると、男性が頭の上からたっぷりのローションをかけてはAV女優をビショビショにしてしまいます。トロトロの液体をかけられた女性は見事にいやらしいベールに包まれては自分の体を触りまくり、更に感じています。

そんな女性にのしかかり、男性は自分の体を摺り寄せます。それがとても見ていて快感となり、ローションプレイの良さを感じてはやってみたいなと思わせるところなのです。

ローションプレイもベッドの上だとますますいやらしさが増します。ベッドはもうグチャグチャで、その上で髪から足の裏までローションでベチャベチャに濡れてしまっている女優の姿に興奮してしまいます。

男優も一段と興奮度が増し、腰つきもさらにいやらしくなってしまうのです。ベチャベチャのイチモツはとても滑りやすく、小さな穴のアナルにも容易に入れることができ、シコシコとしごくことができます。

そのローションプレイはスワッピングでやると更にいやらしさが増します。30人もいる男女がみなローションで濡れていて、次から次へと体を摺り寄せてはエッチをしていく光景がまさに天国です。

大胆になるAV女優と男優の姿が楽しく、自分もやってみたいなと感じるローションプレイのアダルトビデオが最高です。

ヨダレがダラダラ出ているイラマチオ

どうも巨乳のエロビデオが増えています。この巨乳という胸は実に大きく、驚くほどに揺れ動くのが驚きます。日本人なのにその胸は爆乳と呼ばれるほどに大きく、まるでお尻のようで、そんな大きな胸でパイズリをするのですから、AV男性は堪らないでしょう。

男性の顔が歪み、これでもかとパイズリする巨乳のAV女優の激しさに男性でなくても興奮してしまうものです。

そんなエロビデオには他にもふぇらちおをずっとやっているフぇラちお動画集ものもあります。ふぇらちおのみなのですが、それがどうも楽しいのです。もうふぇらちおマニアならこれだけでイってしまうほどに充実した内容に仕上がっています。

最初から最後まで非常に魅力的なふぇらちおが見れるようになっています。女性は可愛い子ばかりで、その可愛い顔が必死に咥えては前後に舐めてはご奉仕するその顔に興奮してしまうものです。

その顔は最初は実に美味しそうです。いとおしい顔をしながら丁寧に舐めてあげますが、それがますます激しく舐めることになります。小さな男性器でも楽しそうに舐めてくれます。

大きな男性器ならますます楽しそうな顔をしては舐めまくるエロビデオは本当に興奮できます。最初は余裕な顔をしては舐めていますが、男性器を喉の奥へと入れられては歪んでいく顔がますます苦痛の顔に変わるのが堪らないのです。

イラマチオはますます楽しく、女性の口からヨダレがドロドロと出てくる顔がとてもいやらしさを醸し出します。ヨダレは滝のように口の中から後から後から出てきます。そのヨダレが胸にもダラダラと垂れ、それが更には太ももにも垂れてきている姿が激しく、嗚咽をしながら尚もペニスを喉の奥へと入れられては腰を振られ続けられるAV女優がとても可愛くなります。

イラマチオ特集をやるエロビデオは色々あり、とても激しいものは口の中や顔に放尿されるものまであります。又、次から次へと口の中に男性器を入れられてはふぇらちおをしなければならないのですから、AV女優はかなり大変です。でも、その必死な顔がまた見ている人を楽しませる部分なのです。

ふぇらちおの後ごっくんしない女性とは別れた方が良い

こんな事で女の子の事を判断して良いの?と言われてしまいそうだが、良いんです。そう断言できるくらいの価値が、ごっくんにはあるのです。聞いた事が無い人にとっては何のこっちゃという言葉ではないでしょうか。苦い薬を思い切って…というのとは全く違います。

答えを言ってしまうと男性の精液をふぇらちおの後飲み込む事なのです。多分、彼氏と彼女の関係の人達なら既にしているかも知れませんが、割と最近になって知られ始めた行為なので初耳だという人もいるでしょう。AVのフぇラちお動画では良くみる光景です。

好きな人が出した物ですから、これは当然受け入れるべきでしょう。それを拒むという事は好きではないと言っているのと同じと言えます。交際を続けるべきなのかという重要な判断も、これを一つの目安にして構わないと思います。

本当に男性を大切にしてくれる女性ならば、むしろ喜んでごっくんしてくれるはずです。尿の色というのは、その日の体調など様々な要因によって変化する物ですが、これと同様に精液も日々変化し続けている物なのです。彼氏の身体の事を気遣える女性ならば、毎日の様に精液を欲するはずです。この様な行いは、たまにだけしていても意味がありません。いつも飲んでいるから、その微妙な違いを判別できるようになるのです。

以上は普段の生活の場面での例でしたが、風俗店でもこの法則は当てはまります。積極的にふぇらちお後にごっくんしてくれる嬢こそが素晴らしいと言えるのです。オプションで有料の場合がありますが、これはお金を払っていますから意味がありません。普通のコースで飲んでくれる女性こそが良い嬢なのです。

恐くて飲めないのは最初だけです。直ぐにごっくんする事に慣れるはずなので、それまでは我慢するようにしましょう。男性が自分のために出してくれた大切な液なのですから、残さず頂かなければいけません。人が作った食事を残すのが失礼なのと同じく、出された精液は全て飲むのが礼儀になるのです。その後は感謝の言葉を男性に言っておくのが大切になります。

ふぇらちおより何故手コキに男はなぜ萌えるのか

アダルトビデオなどを見ていると、だいたいAV嬢が男性にしてあげることは決まっています。
手であそこをさする「手コキ」と口にあそこを含んで気持ちよくする「ふぇらちお」、そしておっぱいの間にあそこを挟んで気持ちよくする「パイズリ」や、足であそこをはさんでこする「足コキ」などです。
これらのプレーの中では一番地味ともいえる手コキが、意外と根強い人気があるから不思議です。
そもそもなぜ手コキが人気があるかと言うと、自分が気持ちよさを理解しやすいからではないでしょうか。
その行為は普通の男性のオナニーの動作と全く同じですので、だいたいこのくらい気持ちいいだろうなと想像がつくのだろうと思います。
その他のふぇらちおやパイズリや足コキなどは、仮に彼女がいたり、結婚をして妻がいる立場だとしても生涯経験をしないで終わり人も多いと思います。
ましてやアダルトビデオの視聴者の中心をなす、童貞だったり、彼女がいなかったりする女性経験が比較的少ない男性は、本当に気持ちがいいのかどうか想像しづらかったりするのではないでしょうか。フぇラちお動画を見てもよくわからないわけです。
むしろ自分のオナニーと飛躍しすぎて興奮できない男性もいるかもしれません。
そんな中で手コキだけはオナニーと同じ動作です。
この利点はアダルトビデオを観ている時にはあって、女性の手この動きと、自分の手の動きをシンクロさせて動かすことによって、あたかも本当に画面の中の美しい女性にこすってもらっている錯覚にひたれるのです。
集中して、波長が合った場合は画面が切り替わるまで本当にされているような感覚になり、自分の脳内でバーチャルリアリティ時代を先取りしている状態になっているのです。
このような事を考えてもオーソドックスではありますが手であそこをこすってくれるという女性の行為は、思春期を迎えてからどんな男性に対しても「響く」サービスなのだと思います。
派手なプレーが増えてきても、やはり基本は大切なんだとアダルトビデオを観て再発見する次第です。

自分でふぇらちおしてみたいのだけれど

この頃の飲食店では自分で何でもやるセルフ式のお店が増えて来ている。例えば今までなら従業員が氷の入った水をテーブルまで持ってくるのが普通であったが、今は自分で水が出る機械がある所まで行って、氷と水を入れなければいけない。若い人達はこれで慣れているから良いのだが、ある程度の年齢層ともなると、いつまでも水を持ってこないなぁという風になりかねない。まぁこれも効率化の流れなのだろう。とにかく自分でやって下さいという事なのだ。

しかし自分でやりたくても出来ない、という事が世の中にはある。ふぇらちおは特にそうだろう。実は私自身セルフ形式でこれを試みた事がある。フぇラちお動画見て自分でしたくなったのだ。今はもうオッサンなのであの体勢はツライのだが、昔は柔軟性が今よりはあったから、よくやっていたのだ。しかし、あと少しという所で届かないのである。やり方は腰を上方向にグイッとやりつつ足を顔の方に来させるという感じである。これ自体は別に難しいという訳ではない。

これの、あと一歩感というのは本当に凄い。本当にできそうなのであるが、無理なのだ。肘とアゴをくっつけるのが無理だと聞いた事があるし実際問題そうなのだが、それに通じるものがある。ここ数年はオリンピックなどで日本代表が好成績を収めたためか、子供に体操をやらせる親が増えているという。これは体が柔らかくないといけないそうで、もしかしたら彼らになら可能かもしれない。昔、ビックリ人間集合みたいな番組で海外の新体操の少女が出て、変な格好をして驚かせていたが、あれくらいできればセルフふぇらちおも楽勝だろうなと思う。

ただ、これが出来ても問題は残る。自分で刺激するのはそんなに気持ち良くない様な気がするのだ。手コキにしても自分でやるのと、女性にやらせるのとでは明らかに違う。ふぇらちおはさらにその傾向が強まると思う。それに加えてフィニッシュ時にどうすべきかというのもある。体勢を元に戻してティッシュに出すのは結構大変そうだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ